ブログ

この季節の咳やくしゃみ、鼻水の症状

この一週間オネストのお客様から数人同じような症状のお話がありました。
「咳やくしゃみ、サラサラの鼻水」
花粉症でも鼻炎でも風邪でもないのに…何故?
それは♻️寒暖差アレルギー♻️ではないでしょうか?
朝晩と日中の大きな温度差の刺激が鼻の粘膜の血管を広げ粘膜が浮腫む事により鼻水などのアレルギー症状に繋がっているのです。
「寒暖差アレルギー」は目や鼻だけでなく、食欲不振、睡眠トラブル、疲れ、イライラなど、自律神経に影響を及ぼします。
大きな寒暖差には自律神経が適応出来ず体がアンバランス状態になってくるのです。
☆目に痒みがあっても充血していなければ「寒暖差アレルギー」の可能性あり!
☆鼻水の色が透明だったら「寒暖差アレルギー」の可能性あり!
♻️寒暖差アレルギー対策♻️としては…
「寒暖差」を無くす事です!
服をこまめに着たり脱いだりして体温調整を図りましょう♪
自律神経のバランスも大切なのでお風呂にゆっくり浸かって体を温めリラックスすることを心掛けて下さいね。
アレルギー症状を悪化させ、喘息になり死亡する患者数は毎年3000人を超えるそうです。
たかが咳や鼻水とあなどらずに耳鼻科で検査してみて下さいね!